「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「選手権準優勝経験も!」四日市中央工業高校サッカー部

2017 5/15 18:56おしょう
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 makieni/Shutterstock.com

四日市中央工業高校サッカー部は三重県、ひいては全国的にも強豪校として知られていた。 しかし、近年では海星高校、三重高校、津工業高校などの台頭著しく、県内では厳しい戦いを強いられている。 今回は四日市中央工業高校サッカー部について紹介する。

四日市中央工業高校とは

四日市中央工業高校は工業高校であり、機械科、電気科、化学工学科、都市工学科、設備システム科の五つの科がある。全校生徒は約700人ほどで、そのうち20%が文化、生産系、運動部に所属する生徒は70%と非常に高い割合となっている。
そのうちサッカー部は100人を超える部員数がおり、校内でも屈指の運動部だ。他には柔道部、水泳部、ウェイトリフティング部なども全国で優勝した経験があるなど、全国の舞台でも結果を残している。

四日市中央工業高校サッカー部の功績

四日市中央工業高校のサッカー部は三重県内のみならず、全国大会での実績も豊富にある。選手権大会に32回三重県代表として出場し、優勝1回、準優勝3回、全国高校総体でも優勝2回と全国でも屈指の好成績を残してきた。
特に1980年代から1990年代にかけては全国の常連となっていたので、往年のサッカーファンからも馴染み深いのではないだろうか。三重県代表といえば「四日市中央工業高校」というような時代は長く続いたこともあった。

おすすめの記事