「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

常に頂きを目指して挑戦する集団!中京大学附属中京高校サッカー部

2017 5/15 18:56ゆうり
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

愛知県一の歴史と伝統を誇り、多数のプロサッカー選手を輩出し続けている中京大学附属中京高校のサッカー部。 全国高等学校サッカー選手権大会への出場は、最近10年間で7回を数える強豪校だ。 今回はその強さの秘密に迫る。

中京大学附属中京高校の概要

中京大学附属中京高校は、愛知県名古屋市にある1923年創立の私立高校だ。中京大学の付属高校であり、学校法人梅村学園が運営している。通称は「中京大中京」だ。
学業とスポーツの両立を目指しており、運動部を中心とした活発な部活動を行っている。特に戦前から活躍している硬式野球部は全国屈指の名門で、甲子園での優勝勝利数133勝と優勝回数11回は、全国最多を誇る。
またサッカー部も全国大会出場の常連であり、宮市亮選手や宮市剛選手、大岩一貴選手など多数のプロ選手を輩出する愛知県の強豪校のひとつだ。

中京大学附属中京高校サッカー部の歩み

サッカー部は1973年に全国高校サッカーインターハイに初出場、1982年に全国高等学校サッカー選手権大会に初出場を果たし、それ以来、インターハイの出場が15回、選手権大会の出場が15回を数えている。
宮市兄弟の弟、宮市剛選手(元水戸)が1年生ながら注目を集めた2011年の選手権大会ではベスト8へ駒を進め、1986年の高校総体では準優勝という結果を残した。特に2006年からの10年間では、選手権大会への出場は7回を誇っており、愛知の高校サッカーの先頭に立つ存在だ。

おすすめの記事