「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

卓越した個人技とポゼッションサッカーの静岡学園高校サッカー部

2017 5/15 18:56ゆうり
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

サッカーの強豪校が揃う静岡県の高校の中でも、技術の高い選手が多いことで知られる静岡学園高校のサッカー部。 一度試合を見れば、その卓越したテクニックに圧倒されることだろう。 今回は静岡学園高校のサッカー部の強さの秘密に迫る。

静岡学園高校とは

静岡学園高等学校は、静岡学園中学校を併設した、静岡市葵区にある中高一貫教育の私立高校だ。誠実・愛敬・剛勇を校訓に掲げ、知性と豊かな人間性を持ち、責任を持ってすべてのことに取り組み、他者と共生して社会に貢献できるような人間育成を目指している。
設立は1965年だが、2011年に現在地に移転された。三浦泰年氏、三浦知良選手(中退)、森下申一氏、大島僚太選手や長谷川竜也選手など、多数のプロサッカー選手を輩出している、全国でも屈指のサッカー強豪校のひとつだ。

静岡学園高校サッカー部の歩み

静岡学園高校サッカー部は、個人技に重点を置いたパスをつなぐスタイルが伝統になっている。1976年の第55回全国高等学校サッカー選手権大会では、初出場ながらその独特のスタイルで注目を集め、準優勝という結果を収めた。
1972年から2008年までプロの監督として井田勝通氏が指揮を執り、1995年の第74回選手権大会では全国制覇(鹿児島実業高校との両校優勝)を成し遂げた。
2002年には静岡学園中学校にサッカー部が発足し、中等部からの選手育成が強化。中学サッカー部は2008年のJFAプレミアカップ、2009年の全国中学校サッカー大会で優勝している。

おすすめの記事