「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

伝統のふじ色軍団!藤枝東高校のサッカー部を知ろう

2017 5/15 18:56ゆうり
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

サッカー王国と呼ばれる静岡県は、何度も全国高等学校サッカー選手権大会を制してきた。 数ある静岡県の高校のサッカー部の中でも、伝統のふじ色のユニフォームを纏う藤枝東高校は、サッカー少年たちの憧れの存在だ。 今回はそんな藤枝東高校サッカー部を紹介する。

サッカー色が強い校風の藤枝東高校とは

藤枝東高校は、至誠一貫を校訓に掲げる、静岡県藤枝市所在の県立高等学校だ。志太榛原地区でトップの進学校であり、文武両道を重んじることからスポーツや部活動にも力を入れている。
開校時に校技としてサッカーを採用したため、サッカーの有名校が集まる静岡県中部地区の中でも、全国優勝10回を誇るその存在は際立っている。高校の入学時には、男子生徒は全員必ずサッカーシューズを買うことになっており、年2回の球技大会もサッカーを中心に行われる。「サッカーのまち藤枝」らしい、サッカー色が強い印象の高校だ。

藤枝東高校サッカー部が歩んできた道

FWの中山雅史選手、MFの長谷部誠選手など、多数のプロサッカー選手を輩出している藤枝東高校サッカー部の基礎は、1924年の開校時にサッカーを校技に定めたことから始まる。朝練、昼練(のちに学業に支障をきたすとして学校から差し止め)、夕練とハードな練習をこなし、1931年の志太中学校蹴球部時代には全国中等学校蹴球大会で優勝し、初の全国制覇を成し遂げた。
特に、長池実監督が率いた1960年代後半?1970年代前半は全盛時代であり、国体と全国高校サッカーインターハイ、全国高等学校サッカー選手権大会の全国三冠を含んだ優勝を8回も手にしている。

藤枝東高校サッカー部を率いる監督

藤枝東高校サッカー部を率いているのは、OBの小林公平監督だ。藤枝東高校時代は、1学年上の長谷部誠選手や、同学年の成岡翔選手や大井健太郎選手らと共に過ごし、藤枝東高校の黄金時代を築いてきた。強い藤枝東高校を取り戻したいという気持ちから、2015年4月から監督に就任した。
県下でも有数の進学校のため、主力の3年生が抜ける夏には結果が出せずに苦しい思いをしていたが、そんな中でもチームは成長を続け、就任1年目から全国高校サッカー選手権静岡予選を無失点で勝ち抜き、全国への切符を手に入れた。その後も常に静岡の代表の座を狙って、熱い指導を続けている。

伝統ある藤枝東高校サッカー部を支える新たな試み

藤枝東高校サッカー部を支えている体制のひとつに、2000年に藤枝東OBの協力のもとに発足し、2002年にNPO法人化した藤枝東FCジュニアユースの存在がある。藤枝東FCを卒団した選手の多くは藤枝東高校に進み、サッカー部の躍進に貢献している。
立役者の長谷川二三氏は、1989年から1995年に藤枝東高校サッカー部の監督を務めた人物だ。長谷川氏は選手として、監督として、さらに将来の選手を育てるためのNPO事務局長として、ずっと藤枝東高校サッカー部に関わり続けていきたいと願っている。

藤枝東高校サッカー部の近年の成績と今後

2015年は県新人戦、総体県予選で準々決勝敗退したものの、全国高等学校サッカー選手権静岡予選では混戦の中を無失点で勝ち抜き、静岡県代表として全国大会に出場した。
2016年の県新人戦は1回戦敗退、総体県予選では3回戦敗退、選手権大会静岡県予選では決勝トーナメント1回戦敗退、2017年の県新人戦は決勝で静岡学園に敗れ、ここのところは悔いが残る結果が多くなっている。今後は伝統である華麗なパスワークを発揮しながら、泥臭く粘り強い戦いを続けていくことで、また全国への切符を掴むことができるのではないだろうか。

まとめ

サッカーのまち藤枝で、地元の人たちに愛されている藤枝東高校。サッカー部の試合の時は、OB以外にもお年寄りがたくさん観戦に来てくれるそうだ。 伝統校のプライドを持ったふじ色軍団は、自分たちの力を信じて努力を重ね、地域の人たちの応援を受け、成長し続ける姿を見せてくれることだろう。

関連記事

おすすめの記事