「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

破れない全国の壁……福井の強豪・北陸高校サッカー部の歴史と経歴

2017 5/15 09:56kounotori
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by moomsabuy/Shutterstock.com

全国高等学校サッカー選手権大会に過去4度出場している福井県の強豪・北陸高校。この記事では、そんな北陸高校の歴史や過去の戦歴、輩出したプロ選手などをご紹介しています。

北陸高校サッカー部が創部されたのは実に50年以上も前!

福井県は福井市に校舎を構える北陸高校。サッカー部が創部されたのは1964(昭和39)年。今から実に50年以上も前のことです。過去、全国高等学校サッカー選手権大会には福井代表として4回出場したことがあるなど、福井県を代表する強豪校のひとつです。
2017年現在の監督は、JFA公認S級コーチ(プロライセンス)を所持する松本吉英氏。コーチは、松本吉英監督の友人として元日本代表の水沼貴史氏が勤めています。

全国高等学校サッカー選手権大会には過去4度出場

北陸高校サッカー部がはじめて全国高等学校サッカー選手権大会に出場したのは、1984年1月に開催された第62回大会です。
同大会の1回戦では、鳥取県代表の米子東高校とPK戦の末に敗退。2回目の出場となった8年ぶりの第70回大会の1回戦では、大阪府代表の関西大学北陽高校に0-6と大敗。そして3回目の出場は、実に20年ぶりとなる第90回大会。同じく1回戦で大分県代表の大分高校に0-10と歴史的大敗を喫しました。

おすすめの記事