「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

本田圭佑選手の出身校!石川県の強豪・星稜高校が築いた一強時代

2017 5/15 18:56kounotori
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mooinblack/Shutterstock.com

本田圭佑選手の出身校としても知られる星稜高校。17年連続で全国高等学校サッカー選手権大会に出場した経歴を誇る石川県の強豪校としても有名だ。この記事では、そんな星稜高校サッカー部の歴史や経歴、そして過去の成績などについて紹介する。

星稜高校サッカー部が創部されたのは今から50年以上前!

石川県金沢市に位置する星稜高校。サッカー部が創部されたのは、今からさかのぼること50年前の1967 (昭和42)年のことだった。
1974(昭和49)年度に、初めて全国高等学校サッカー選手権大会に出場した。その際は1回戦で敗退したが、6回目の出場となった第70回全国高等学校サッカー選手権大会で初めてベスト8に進出し、それが星稜高校サッカー部の強さを全国に証明することとなった。

全国高等学校サッカー選手権大会には1999年から18大会連続で出場!

星稜高校は、高校サッカーの集大成とされる全国高等学校サッカー選手権大会に過去26回出場している。2016(平成28)年こそ県予選の決勝で敗れているが、1999年(平成11)年から2015(平成28)年まで、実に17大会連続で出場するなど、石川県の高校サッカー界において、長期にわたり星稜高校一強時代を築いている。
2012(平成24)年から2016(平成28)年の5大会においては、優勝1回、準優勝1回、3位2回など、輝かしい成績を残している。

おすすめの記事