「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

新潟県の強豪校・帝京長岡高校サッカー部の過去・現在・未来

2017 5/15 09:56kounotori
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Bplanet/Shutterstock.com

新潟県の強豪校のひとつとして知られる帝京長岡高校サッカー部。全国高等学校サッカー選手権大会や全国高校サッカーインターハイなど、数々の全国大会を経験している帝京長岡高校サッカー部の歴史やこれまでの軌跡、そして2017年注目の選手などをご紹介します。

数々の全国大会に出場してきた新潟県の強豪校・帝京長岡高校サッカー部

新潟県長岡市に位置する帝京長岡高校。1908年の設立当初は「私立長岡技芸講習所」でしたが、1991年に現在の校名に変更されました。サッカー部が創部されたのは、今から30年以上も前にあたる1983年のこと。
全国高等学校サッカー選手権大会には過去4度、全国高校サッカーインターハイには過去5度出場した経歴を誇ります。部員は1年生~3年生で総勢80名ほどなので、他県の強豪校と比べると決して多いとは言えませんが、新潟県を代表するサッカー強豪校のひとつです。

全国高等学校サッカー選手権大会には過去4度出場

はじめて全国高等学校サッカー選手権大会に出場したのは、2000年度に開催された第79回大会。この大会では、初戦となる2回戦で石川県代表の星稜高校にPK戦の末敗れています。
2度目の出場となった84回大会でも1回戦で高知県代表の明徳義塾高校に同じくPK負け。7年ぶり3度目の出場となった91回大会では、「選手権初勝利」を目標に和歌山県代表の和歌山北高校と対決。1-0で見事に勝利をあげ、目標だった1回戦突破を成し遂げました。
しかし、続く2回戦では宮崎県代表の鵬翔高校にまたしてもPK戦の末、敗戦を喫しています。

おすすめの記事