「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

神奈川の古豪!桐蔭学園の栄光と挫折

2017 5/15 09:56kounotori
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by moomsabuy/Shutterstock.com

神奈川県の古豪として知られる桐蔭学園高校サッカー部。2002年に開催された日韓ワールドカップでも活躍した戸田和幸選手の出身校としても知られる高校です。この記事では、桐蔭学園高校サッカー部の歴史や過去に輩出したプロサッカー選手などをまとめています。

全国高校サッカー選手権大会ではベスト4が過去最高

神奈川県横浜市青葉区に校舎を構える桐蔭学園高校。東大や京大をはじめとした難関大学への合格者を多数輩出するとともに、部活動にも力を入れるなど、文武両道をコンセプトに掲げています。
サッカー部も例外に漏れず、全国でも名高い強豪校のひとつで、全国高校サッカー選手権大会には過去8回出場した経歴があります。中でも、第81回大会では、高川学園高校や前橋商業高校などの強豪校を破ってベスト4に進出するなど、全国にその名を知らしめてきました。

桐蔭学園高校を強豪校に導いた名将・李国秀監督

サッカー部が創部されたのは、桐蔭学園高校の創設と同時期である昭和44年です。本格的に指導が強化されたのは、韓国人の李国秀監督が同部に就任した1987年以降です。
就任3年目となる1989年度からは、さまざまな大会で頭角を現しはじめ、全国高校サッカー選手権大会に初出場を果たした際には、1回戦の山口高校戦で5-1という大勝を納めました。同時に、監督が「(大勝したけど)内容は決していいものではない」とコメントをしたというエピソードも有名です。

おすすめの記事