「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

あの日本代表FWの出身校!麻布大学附属高校サッカー部とは?

2017 5/15 18:56芝田カズヤ
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

近年の高校サッカーにおいては、新たな強豪校が現れてきており、戦国時代の様相を呈している。今回紹介する麻布大学付属高校も最近になって全国の舞台に出てきたチームの1つだ。どのようなチームなのか紹介したいと思う。

麻布大学附属高校とは

麻布大学附属高校は神奈川県相模原市にある私立高校で、1961年に設立された。日本でも数少ない獣医学部がある麻布大学の附属高校だ。
2014年に今の校名になる前は「麻布大学附属渕野辺高校」という校名だった。 高校では珍しい馬術部があり、全国大会に出場した経験を持っている。

あの日本代表を擁して全国初出場

初めて麻布大学附属高校が全国大会に初出場したのは、2004年の高校選手権だ。この初出場以降、夏の全国大会であるインターハイに計3回(2008、2013、2014)、冬の全国大会である高校選手に計2回(2004、2005)出場している。
特に2004年と2005年高校選手権では、現在(2017年3月時点)日本代表の小林悠選手(川崎フロンターレ)と、日本代表経験を持つ太田宏介選手(FC東京)を擁して出場するなど神奈川の新勢力となった。

おすすめの記事