「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本代表を輩出した名門!修徳高校サッカー部とは

2017 5/15 18:56芝田カズヤ
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

多くの強豪校がいる東京都勢の中から、今回は修徳高校サッカー部について紹介する。全国大会への出場経験を持ち、有名選手を輩出している修徳高校サッカー部はどのような戦歴、特徴を持つのか?また2017年はどのような活躍を見せるのか?という点について紹介したいと思う。

修徳高校の概要

修徳高校は、東京都葛飾区に位置する私立高校だ。同じ敷地内に修徳中学校があり中高一貫校でもある。学校の歴史はかなり古く、前身の「東本夜学部」が明治37年(1904年)に設立されている。
学校の特徴としては部活動が盛んなことがあげられる。サッカー部をはじめ、女子サッカー部、硬式野球部、柔道部などが全国レベルで活躍している。特に柔道部については卒業後に世界大会に出場する選手などもいる。

チームの戦いの歴史

修徳高校サッカー部はチームとして40年以上の歴史を持ち、これまで何度も全国大会に出場してきた。夏の全国大会であるインターハイには9回、冬の全国大会である高校選手権には9回出場している。
また、インターハイ、高校選手権の両大会で過去にはベスト8に入るなど、全国レベルで好成績を残しており、高校サッカーを代表する強豪の1つだ。OBには元日本代表の北澤豪氏がおり、北澤氏も修徳高校時代に、インターハイ、高校選手権に出場している。
近年は東京都予選で苦杯を喫していたが、2012年、2013年には2年連続で高校選手権に出場するなど、まだまだその力は健在だ。

おすすめの記事