「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2年連続全国ベスト8はダテじゃない!駒澤大学高校サッカー部

2017 5/15 18:56芝田カズヤ
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

近年サッカー部に力を入れる高校が増え、高校サッカーはますます激戦の様相を呈している。特にチーム数の多い東京都に関しては全国大会を経験したことのあるチームが数多く存在する。今回はそんな東京都代表として2016年の全国大会に出場している駒澤大学高校サッカー部について紹介する。

駒澤大学高校とはどのような学校?

駒澤大学高校は東京都世田谷区にある私立高校だ。その名前の通り駒澤大学の付属校であり、大学から少し離れたところに高校の校舎がある。 学校の設立は1948年で、もともとは男子校だったが、1995年から共学になっている。
部活動は、サッカー部をはじめ、男子バレーボール部、ソフトテニス部、女子バスケットボール部などの運動部や吹奏楽部などが全国大会に出場し活躍している。

サッカー部の戦いの歴史

駒澤大学高校サッカー部は、これまでに全国大会に4度出場している。夏のインターハイに1度(2014年)、冬の高校選手権に3度(2010、2015、2016)だ。2010年代に入ってから急速に全国大会の出場を増やしてきたチームではあるが、既に高校選手権ではベスト8に入るなど高いレベルで結果を残している。
そんな全国レベルの駒澤大学高校サッカー部には、なんと270名を超える部員が所属している年もあるそうだ。

おすすめの記事