「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

千葉県の双璧に挑む第3勢力!八千代高校サッカー部

2017 5/15 18:56芝田カズヤ
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

近年の高校サッカーは群雄割拠の状況で、強豪と呼ばれるチームが全国大会の予選で敗れるケースも少なくない。中でも千葉県は全国制覇の経験を持つチームや全国大会の上位に入るチームがいるなど、激戦区の1つだ。今回はそんな千葉県の中から八千代高校サッカー部について紹介する。

八千代高校とは?概要紹介

今回紹介する八千代高校は、千葉県の北西部に位置する八千代市にある県立高校だ。1952年に別の高校の分校として設立され、1966年に独立した際に今の校名となっている。
校訓には「文武両道」を掲げていて、学業に関しては国公立大学や難関私立大学への進学実績を持ち、部活動に関しては、サッカー部、柔道部、バスケットボール部などが全国レベルの強さを持っている。また、約40人が所属する体育科が設置されていて、部活動の後押しとなっている。

サッカー部の歴史

八千代高校サッカー部は、1966年に創部され50年以上の歴史を有するチームだ。創部10年目となった1975年にインターハイ、高校選手権の2つの全国大会に出場すると、以降は全国レベルの強豪校として知られるようになる。
インターハイには13回出場し、1999年には優勝したこともある。高校選手権には9回出場し、2006年には3位になるなど、ただ全国大会に出場するだけでなく、好成績を残しているチームだ。
それだけの強豪なだけあって、元日本代表の羽生直剛選手やロンドンオリンピックで日本代表をベスト4に導いた関塚隆氏などOBにもトップレベルで活躍する人たちが多く存在している。

おすすめの記事