「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

千葉県の双璧をなす存在!流通経済大学付属柏高校サッカー部を紹介

2017 5/15 09:56芝田カズヤ
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Maxisport/Shutterstock.com

近年の高校サッカーにおいては、伝統校と呼ばれる古くからの強豪校に代わり、新たな強豪チームが毎年のように出てきています。そんな中で、2000年代に入ってから一気に全国区になったのが流通経済大学付属柏高校です。今回は流通経済大学付属柏高校サッカー部について紹介します。

流通経済大学付属柏高校の概要

流通経済大学付属柏高校(以下流経大柏)は、千葉県柏市に位置する私立校高です。1985年に茨城県龍ヶ崎市にある流通経済大学の付属校として設立されました。サッカー部やラグビー部が全国レベルの強豪であり、出身者にはラグビーのトップリーグ所属選手や、サッカーのJリーグ所属選手が数多く存在しています。
普通科Ⅱ類というスポーツに重点を置いた学科が設置されていて、運動部の活躍を後押ししています。 また、付属の流通経済大学も大学サッカーの強豪であり、流経大柏→流経大へと進学する選手も少なくありません。

急成長を遂げた流経大柏の戦歴は?

流経大柏はこれまでに、高校サッカー主要大会であるインターハイ、高校選手権でともに1回ずつの全国制覇経験があります(インターハイは雷雨による両校優勝)。特に高校選手権に関しては、これまでに4回出場した中で、初出場時(2005)こそ2回戦で敗れていますが、2回目以降は優勝(2007)、ベスト4(2010)、ベスト4(2014)と常に上位の成績を残しています。
流経大柏の全国大会初出場は2004年のインターハイで、以降は全国の常連チームへと成長していきます。しかし、このような全国レベルのチームになる以前は、県大会でも勝てないようなチームでした。チームが変わり始めたのは2001年に現監督が赴任してきてからです。

おすすめの記事