「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

実力・伝統共に高校サッカートップクラス!船橋市立船橋高校サッカー部

2017 5/15 09:56芝田カズヤ
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Krivosheev Vitaly/Shutterstock.com

近年の高校サッカーでは、新たな強豪校が出現するなど、勢力図は以前に比べると変わりつつあります。しかしそんな中でも長年強さを発揮し続けているのが、千葉県の船橋市立船橋高校です。今回はそんな船橋市立船橋高校サッカー部について紹介したいと思います。

船橋市立船橋高校ってどんな学校?

今回紹介する船橋市立船橋高校は、千葉県船橋市に位置する高校です。普通科、商業科、体育科の3学科から構成され、体育科があることもあって、今回紹介するサッカー部の他にも、野球部、バスケットボール部、陸上競技部などが全国大会に出場しています。陸上競技部に関しては、高橋尚子氏を育てた小出義雄氏が監督を務めていたこともあります。
さらに吹奏楽部も全国レベルのコンクールで賞を受賞経験を持つなど、運動部、文化部ともに盛んな高校です。

高校サッカーを牽引するチームの戦歴

船橋市立船橋高校は、これまでに幾多もの全国タイトルを獲得しています。高校サッカーの主要大会である夏のインターハイでは、これまでに26回出場し、優勝9回、準優勝3回、ベスト4が4回という成績を残しています。冬の高校選手権には20回出場し、優勝5回、準優勝2回、ベスト4が2回といずれも出場回数の半分以上、もしくは半分近くは上位に進出するという驚異の成績です。
また、2003年に行われた天皇杯では、その年のJリーグ王者である横浜F・マリノス相手にビハインドから追いつき、PK戦にまでもつれこむ試合を展開しました。試合はPKで敗れたものの、高校生がJリーグ王者相手に互角に戦う姿は衝撃的でした。
このように、高校サッカー界のみならず、日本サッカーにおいて存在感を示しているのが船橋市立船橋高校サッカー部です。

おすすめの記事