「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

全国屈指の強豪!尚志高校サッカー部とは

2017 5/15 09:56芝田カズヤ
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Maxisport/Shutterstock.com

2017年度が始まり、高校のサッカー部にも新入生が入部し始めチームが変わりつつある。2017年の高校サッカーはどんな熱戦が見られるのだろうか?数ある高校の中でも「尚志高校サッカー部」に焦点をあて紹介していく。

尚志高校とはどのような学校?

尚志高校は福島県郡山市にある私立高校だ。もともとは日本で初めての女性だけの工業高校「女子工業高等学校」として1964年に設立された。その後1997年に男女共学となった。遠方の出身者のために、学校内には寮が設けられていて、サッカー部に所属する選手の多くは寮で生活している。
部活動に関してはサッカー部が全国レベルの強さを誇り、OBにJリーガーがいるほか、大学サッカーの強豪チームへと進学する選手も多い。

サッカー部の歴史

今では全国レベルの強豪である尚志高校サッカー部だが、その創部は1997年と比較的歴史の浅いチームだ。そんな歴史の浅さなんて関係なしという勢いで一気に全国レベルへと駆け上がっていった。
全国大会の初出場は創部9年目2006年の高校選手権で、初出場ながら初戦をPK戦で制している。初出場以降11年間で8回高校選手権に出場し、全国ベスト4も経験するなど、福島県のみならず全国レベルで尚志の名前を広めることとなった。
高校選手権以外でもインターハイに9回出場しているほか、プリンスリーグ東北という東北地方のチームによるリーグ戦では過去に優勝経験がある。また、1年間だけの参戦だが、全国リーグであるプレミアリーグにも参戦した。
これらの戦績からもわかる通り、非常に高いレベルのチームなのだ。

おすすめの記事