「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

山形の強豪!山形中央高校サッカー部ってどんなチーム?

2017 5/15 09:56芝田カズヤ
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Pincasso/Shutterstock.com

春を迎え、各高校のサッカー部はインターハイ予選、そしてその先にある選手権予選に向けて活動しています。今回は数ある高校サッカー部の中でも山形県の山形中央高校に注目し、山形中央高校がどのようなチームなのか紹介したいと思います。

山形中央高校とは

山形中央高校は山形県山形市に位置する県立高校です。1946年に前身の学校が誕生しており、70年以上の歴史を持つ高校です。山形中央高校は今回紹介するサッカー部の他に、野球部も全国レベルの強さを誇り、過去には甲子園にも出場した経験を持ちます。
出身者にもスポーツ選手が多く、Jリーガーの他にラグビー、プロ野球、柔道、バスケなど様々な競技の選手を輩出しています。また、バンクバーオリンピックの銅メダリストである加藤条治選手も山形中央高校出身です。
そんな多くのアスリートを輩出してきた山形中央高校のサッカー部とはどのようなチームなのでしょうか?

東北地方を代表するチーム!

高校サッカーにおける全国大会は、夏のインターハイと冬の高校選手権の2つです。山形中央高校サッカー部はこれまでに、インターハイに10回、高校選手権に11回出場しています。この数字を見る限りでは、全国大会の常連校になりつつあると言えるのではないでしょうか?
全国大会出場という輝かしい成績ばかりに目が向いてしまいますが、それ以外でも、山形中央が強くなっていることを確認することができます。
日本の高校サッカーには全国大会の他にも、各都道府県リーグ→地域リーグ(プリンスリーグ)→全国リーグ(プレミアリーグ)という形で年間を通してのリーグ戦が行われています。山形中央高校は2016年までは山形県リーグ所属でしたが、2016年に山形県リーグで1位となり東北リーグへの参入戦へ進むと、その試合に勝利しプリンスリーグ東北への昇格を決めています。
このプリンスリーグ東北には東北地方の高校から10チームしか参戦することができないことからも山形中央の強さを認識することができます。

おすすめの記事