「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

全国の舞台を目指す、仙台育英学園高校サッカー部

2017 5/15 09:56Aki
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by fotoinfot/Shutterstock.com

サッカーのみならず、野球やラグビー、陸上競技などでも全国の舞台での活躍が知られるスポーツ強豪校である仙台育英学園高等学校。高円宮杯U-18サッカーリーグ プリンスリーグで東北のライバル達としのぎを削るサッカー部をご紹介します。

全国の舞台に戻ってきた仙台育英学園高校サッカー部

全国高等学校総合体育大会(高校総体)出場17回、全国高等学校サッカー選手権大会(高校選手権大会)出場31回、どちらも宮城県勢最多を誇る仙台育英学園高校サッカー部。
全国の舞台で最も輝いたのは1950年代~1970年代で、2000年に入ると全国の舞台からも遠ざかる事が多くなっていましたが、高校選手権大会では2012年の第91回大会に8年ぶりに出場。高校総体では2013年に9年ぶりに出場を果たし、その後2014年、2016年大会にも出場と近年全国の舞台に復帰を果たしています。

Jリーガーも輩出

仙台育英学園高校サッカー部出身のJリーガーといえば、高校卒業後ベガルタ仙台に加入し、その後ジェフユナイテッド市原・千葉、サンフレッチェ広島でもプレーした中島浩司氏です。
ジェフユナイテッド市原・千葉では後に日本代表監督を務めたイビチャ・オシム氏からその戦術眼の高さを評価され重用されるようになり、その後移籍したサンフレッチェ広島では特徴的な戦術にも見事にフィットし当時の監督であるミハイロ・ペトロヴィッチ氏から「ゴールドマン」と呼ばれる事に。
そして森保一監督の下では貴重なバックアッパーとしてリーグ優勝に貢献します。
また中島浩司氏がプレーした当時の仙台育英学園高校サッカー部のキャプテンは、現在お笑いトリオパンサーで活躍する尾形貴弘さんでした。

おすすめの記事