「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東北を代表する伝統校、岩手県立遠野高校サッカー部

2017 5/15 09:56Aki
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 SumanBhaumik/Shutterstock.com

全国高等学校サッカー選手権の出場回数は岩手県最多の26回を誇る伝統校、岩手県立遠野高等学校サッカー部。2008年以降厳しい戦いが続いていた岩手県勢復活を狙う伝統校を紹介する。

堅守をベースにした東北屈指の伝統校

1960年の第39回全国高等学校サッカー選手権(高校サッカー選手権)で岩手県勢初のファイナリストとなり準優勝を飾り、1968年の第48回大会、2005年の第84回大会ではベスト4入りを果たした東北屈指の伝統校である、岩手県立遠野高校サッカー部。
遠野は岩手県内ではサッカーの盛んな地域として知られており、東日本大震災で大きなダメージを受けた2011年には遠野中学校サッカー部、小学生のクラブチームヴァレンテとおのと合わせて小学生から高校生までの3チームが全国大会に出場するという快挙を達成している。
その中でも遠野高校サッカー部は、堅守をベースに縦に速い攻撃でゴールを狙うスタイルで躍動するチームだった。

大きな注目を集めた2005年大会にベスト4進出

近年最も輝かしい成績を残した高校サッカー選手権は2005年の第84回大会だ。この大会は現在スペインリーグで活躍する乾貴士選手擁する野洲高校が優勝を果たし大きな話題となった大会でもあるが、遠野高校は松田光弘監督の下で4年ぶりの高校サッカー選手権出場を果たした。
遠野高校サッカー部はこの大会で東福岡高校や立正大淞南高校など全国屈指の有名校を破りベスト4に進出。当時の立正大淞南高校では、現在北海道コンサドーレ札幌でプレーする金園英学選手もプレーしていた。
2017年現在の遠野高校は、長谷川仁監督の下で2013年の第92回大会以降、4大会連続出場中だ。

おすすめの記事