「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

北海道の名門、北海道大谷室蘭高校サッカー部

2017 5/15 09:56Aki
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by SOMKKU/Shutterstock.com

全国高校サッカー選手権、全国高校総体共に北海道勢最高の成績を残している北海道の名門、北海道大谷室蘭高校サッカー部。 過去に数々のJリーガーを輩出しており、現在でも選手に指導者にと多くの卒業生が活躍しています。 そんな北海道大谷室蘭高校サッカー部をご紹介致します。

選手権、インターハイ共に北海道勢最高の成績

北海道室蘭市にある北海道大谷室蘭高等校。室蘭大谷という名でご存知の方もおられるかもしれませんが、2012年より登別大谷高等学校と統合され、現在の北海道大谷室蘭高等学校という名称となっています。
北海道大谷室蘭高等学校サッカー部は北海道屈指の実績を誇る名門校として知られている存在で、冬の選手権と呼ばれる全国高等学校サッカー選手権大会には出場30回。また1978年には準優勝、1986年にはベスト4進出を達成しています。
そして夏のインターハイこと全国高校総体にも28回出場。こちらでは1981年、1985年の2回の準優勝経験があり、このどちらもが北海道勢最高の成績です。
過去北海道勢でファイナリストとなったのは北海道大谷室蘭高等学校だけです。

多数のJリーガーを輩出

北海道大谷室蘭高校サッカー部出身選手は、地元北海道コンサドーレ札幌で背番号10を背負う宮澤裕樹選手や、その北海道コンサドーレ札幌から今季期限付きで名古屋グランパスに移籍した櫛引一紀選手など、現在も第一線でプレーしています。
そして伝統ある名門校という事で、昨シーズンJ1で大躍進を見せた大宮アルディージャの監督を務める渋谷洋樹氏、また2013年には地元北海道コンサドーレ札幌で監督を務め現在はロアッソ熊本のヘッドコーチを務める財前恵一氏、京都サンガでコーチを務める佐藤尽氏ら、現役選手だけでなく現在指導者として活躍する人物も多数輩出しています。

近年活躍を見せている女子サッカー部

北海道大谷室蘭高等学校は近年女子サッカー部も活躍を見せています。
全日本高等学校女子サッカー選手権大会には創部15年にして2016年末に行われた第25回大会までに9年連続11回の出場を果たしており、北海道文教大学明清高等学校につぐ、女子サッカーでは北海道を代表する高校となっています。
全国の舞台では過去最高成績がベスト16、まだ全国の強豪校に大敗してしまう事もありますが、2012年には大学生や一般と共に戦う北海道女子サッカーリーグで、北海道文教大学明清高等学校を破り初優勝も飾っており、今後の期待が集まるチームとなっています。

男子サッカー部監督を務めるのは及川真行氏

北海道大谷室蘭高等学校サッカー部の監督を長らく務めた加藤栄治さんの後を引き継ぎ、現在監督を務めるのは同校の卒業生でもある及川真行氏。北海道コンサドーレ札幌がユースチームを立ち上げ活動を始めた1997年から2003年までコンサドーレ札幌のU-18、コンサドーレ札幌U-15(共に当時の名称)の監督やコーチを歴任しており、北海道コンサドーレ札幌の育成に携わり続けた、その礎を築いた人物です。
北海道大谷室蘭高等学校卒業後は北海道教育大学岩見沢校に進学・卒業しており教員免許を持っている為、コンサドーレ札幌の下部組織から母校である北海道大谷室蘭高等学校の教員として勤務し、サッカー部の監督を務めています。

3年ぶりの全国の舞台を目指す

名門北海道大谷室蘭高等学校ですが、最後に全国の舞台に立ったのは2014年。
現在北海道教育大学岩見沢校でプレーし、北海道コンサドーレ札幌に所属する深井一希選手を兄に持つ深井祐希選手がキャプテンを務めていた世代で、粘り強い守備をベースにしたチームが全国高校選手権北海道予選決勝での旭川実業高等学校との激戦の末ドラマチックなPK戦で優勝を決めた試合以降は全国の舞台に出場出来ていません。
また、現在Jリーグなどのクラブチームも含めた高校年代のリーグ戦、高円宮杯U-18サッカーリーグではプリンスリーグ北海道に所属し、最後に優勝したのは同じ2014年。2016年は6位に終わり及川監督の下で復活を狙っています。

まとめ

いよいよ新チームも始動し、8チームで行われる高円宮杯U-18サッカーリーグ プリンスリーグ北海道も4/23から開幕します。このリーグ戦でチームをどれだけ上積みできるか。3年ぶりの全国の舞台を目指し、北海道大谷室蘭高等学校サッカー部の2017年シーズンが始まります。

関連記事

おすすめの記事