「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

なでしこリーグの強豪チームはどこ?優勝回数ランキング

2017 5/8 19:55芝田カズヤ
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 football-zone.net

日本の女子サッカー最高峰のリーグがなでしこリーグ。トップリーグということだけあって、多くの日本代表選手がプレーしているほか、現在海外で活躍している選手のほとんどが、なでしこリーグでのプレー経験がある。今回はそんななでしこリーグのクラブを、優勝回数ランキングで見ていく。

1位:日テレ・ベレーザ(14回)

第1位は日テレ・ベレーザ。優勝回数は14回と、他の追随を許さない数字を打ち立てている。
ベレーザにはこれまで多くの日本代表選手が所属しており、2005年から2008年にかけてリーグ4連覇を果たした際には、のちの女子W杯優勝メンバーとなる澤穂希選手や永里優季選手、岩清水梓(いわしみず あずさ)選手などが所属していた。また、現日本女子代表監督の高倉麻子監督も選手としてのキャリアの大半をベレーザで過ごしている。
まさに日本女子サッカーの歴史に残るチームと言える。

2位:INAC神戸レオネッサ(3回)

続いて第2位はINAC神戸レオネッサだ。
チームの創設は2001年と比較的歴史は浅く、なでしこリーグへの参加も2005年に2部リーグからのスタートだった。チームの初タイトルはなでしこリーグではなく、2010年に行われた皇后杯。初タイトルの勢いそのままに、翌年の2011年に無敗でなでしこリーグ初優勝を果たす。この年は日本代表の澤穂希選手、大野忍選手、近賀ゆかり選手などが加入し、チームの力が一気に高まった年だった。
翌2012年、続く2013年とリーグ3連覇を果たし、特に2012年は2011年に続いての無敗優勝を飾っている。
チームの強さの背景には選手がサッカーに取り組みやすい環境がある。トップレベルの選手はプロ契約をしているほか、会社に所属しながらプレーする社員選手も社業はほとんどなく、サッカーに専念することができている。

おすすめの記事