「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【徹底分析】都道府県別サッカー選手輩出ランキング

2017 5/1 19:13dada
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Naypong/Shutterstock.com

サッカー選手を多く輩出している都道府県をランキング化し、その概要や秘密にも迫っていく。 日本サッカーを牽引している都道府県はどこなのか。一緒に考えていこう。 ※人数データは2017年2月時点

第5位!千葉県

千葉県は99人のJリーガーを輩出している。高校サッカーでは流通経済大柏と市立船橋の両校がとても有名で、ここから多くのサッカー選手が誕生している。両校の名声には確たるものがあり、全国から優秀な選手たちが集まる。その中で切磋琢磨し、やがてJリーグ入りをする選手が出てくるのだ。
千葉県出身のサッカー選手では、鹿島アントラーズに所属している鈴木優磨選手が有名だ。千葉県の銚子市出身の鈴木選手は、鹿島アントラーズの生え抜き選手で人気も抜群だ。これからにも期待が集まる注目選手だ。

第4位!大阪府

大阪府は110人のJリーガーを輩出している。高校サッカーでは大阪桐蔭や履正社、東海大仰星など名門高校が数多くひしめいている。
さらに、ガンバ大阪やセレッソ大阪など地元を代表する強豪クラブの本拠地でもあり、サッカー選手を目指す若者たちも多いのだ。やはり、地元に有名なクラブが存在していることは若手の育成にも一役買っているようだ。
日本代表の本田圭佑選手も大阪出身のサッカー選手で、ハングリー精神の塊とも言うべき生粋の大阪人だ。大阪出身者が必ずしもハングリーとは言えないが、そういった精神を持つ選手が多いことも事実だ。彼らはプロへの道を邁進している。

おすすめの記事