「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

なでしこリーグきっての古豪、伊賀フットボールクラブくノ一

2017 4/12 21:06Aki
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 https://mainichi.jp/

1989年に発足した女子サッカーリーグの全国リーグ、日本女子サッカーリーグに参加した最初の6チームのうちの1つである伊賀フットボールクラブくノ一。 近年は厳しい結果が続いていたが、2017年シーズンは古豪復活を目指し、創設41年目のシーズンを戦う。

日本の女子サッカーリーグで最も歴史ある市民クラブ

創設はなんと41年前の1976年。関東や関西を中心に日本サッカー界で最初に女子サッカーチームが数多く設立されはじめると、その流れを受けて三重県上野市(現伊賀市)に伊賀上野くノ一サッカークラブが創設される。
当時はまだ全国リーグがなく、1980年に全日本女子サッカー選手権が立ち上がってからも、東海地方には1978年にサッカーどころ清水で設立された清水第八スポーツクラブなど強豪チームがあり、地域予選を勝ち抜けない無名のチームだった。
その後、1989年に初の全国リーグである日本女子サッカーリーグ発足を受けて、伊賀町(現伊賀市)に工場を持つプリマハムがスポンサーとなり、選手を引き受ける形でプリマハムFCくノ一となることに。日本女子サッカーリーグの創設6チームの1つとなる。当時の6チームのうち現存しているのは他に現日テレ・ベレーザのみだ。

1990年代に迎えた黄金期

プリマハムFCくノ一は、1989年にジェフユナイテッド千葉の前身である古河電工でプレーして日本代表にも選出され、現在はサッカー解説者として活躍する宮内聡氏を監督に招聘。すると、チーム力がメキメキ上がっていき、1995年にはリーグ及び全日本女子サッカー選手権の2冠を達成。
このシーズンはリーグ戦で日本女子サッカー史上唯一となる全勝優勝を達成しており、カップ戦となる全日本女子サッカー選手権も含めて公式戦全勝というとんでもない記録を達成している。
宮内氏はその後兼任で日本女子代表コーチ・監督も務め、長らく日本女子代表の守護神を務めた山郷のぞみさんら、数々の日本女子代表選手を輩出する。

おすすめの記事