「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

なでしこリーグ初タイトルを目指すアルビレックス新潟レディース

2017 4/12 21:06Aki
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.albirex.co.jp/

2年連続皇后杯全日本女子サッカー選手権大会で準優勝に終わっているアルビレックス新潟レディース。 なでしこジャパンの代表選手もチームに復帰し、その悔しさをバネに、今季こそは1部リーグとして悲願の初タイトル獲得を狙うチームを紹介する。

さまざまなスポーツを通じた地域づくりを実現するアルビレックス新潟

アルビレックス新潟は、さまざまなスポーツを通じた地域づくりを実現するクラブというコンセプトの下、サッカーだけでなく、バスケット、野球、陸上、スキー・スノーボードと多くの競技のチームを持つクラブ。そんなクラブの女子サッカーチームとして2002年にアルビレックス新潟レディースは誕生した。 初のリーグ戦となる北信越女子サッカーリーグを、年間通じてわずか1失点、全勝優勝で当時のL・リーグ2部に昇格すると、2位、2位、優勝と3シーズンで1部昇格を達成する。
初の1部リーグとなった2007年は、最終節にようやく降格圏を脱出するなど1部の壁を実感させられるが、2009年には上尾野辺(かみおのべ)めぐみ選手、川村優理選手、菅澤優衣香選手の生え抜き3人がなでしこジャパンに選出。翌2010年にはなでしこジャパンの坂口夢穂選手も加入し、リーグを代表するクラブとなっていく。

皇后杯で抜群の強さを発揮するも

アルビレックス新潟レディースで特徴的なのが、皇后杯全日本女子サッカー選手権大会で抜群の強さを誇っているということ。
リーグ戦の最高成績は2014年の3位ながら、2011年から2016年の7大会で4度の決勝進出はINAC神戸レオネッサの5度に次ぐ記録。そしてそのいずれもがINAC神戸レオネッサ対アルビレックス新潟レディースというカードで、もはや皇后杯の決勝といえばこのカードというほどになっている。
しかし、その4回全てでINAC神戸の前に苦杯をなめることに。4大会中3大会では絶対王者日テレ・ベレーザを準決勝で破っているのだが、決勝でもう1つの王者INAC神戸を越えることができないでいる。

おすすめの記事