「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

初のなでしこリーグ1部を戦うノジマステラ神奈川相模原

2017 4/12 21:06Aki
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.nikkansports.com/

2年連続で1部にあと少しで届かず、昇格を逃してきたノジマステラ神奈川相模原。 昇格を絶対目標として掲げた2016年、なでしこリーグ2部を無敗優勝で悲願の昇格を達成した。 初の1部リーグを戦うノジマステラ神奈川相模原を紹介する。

唯一の実業団チーム2012年に誕生

ノジマステラ神奈川相模原が誕生したのは2012年。家電量販店のノジマが、選手はノジマの社員として仕事をしながらプレーするという実業団チームとしてノジマステラ神奈川を発足させる。
チーム立ち上げ初年度は新規チームとして神奈川県女子サッカーリーグ3部でプレーすることになるが、発足時からなでしこリーグ1部でプレーすることを想定し作られたチームは圧倒的な強さを見せ、全試合5得点以上、シーズンを通じて無失点という成績で優勝。皇后杯関東予選も勝ち抜いたことで、特例により2部に相当するチャレンジリーグ入れ替え戦に出場。チャレンジリーグ昇格を決める。

跳ね返され続けた1部の壁

初の全国リーグで戦うことになった2013年、シーズン序盤は快進撃を見せるが、夏場以降は怪我人や相手の研究も進み、勝てない試合も増えて4位でシーズン終了。翌2014年は序盤つまずくものの、中盤以降に強さを取り戻すと、優勝を狙える位置にまで順位も上昇。しかし、最終節にこのシーズン優勝のスペランツァFC大阪高槻と引き分けたことで3位でシーズンを終えることになり、1部昇格には届かなかった。
さらに大型補強を行った2015年は2位でシーズン終了。1部との入れ替え戦に出場するが、前年に最後の壁として立ちはだかったスペランツァFC大阪高槻との対戦は、初戦はホームで2点の先制を許すものの後半アディショナルタイムに追いつき劇的なドロー。2戦目のアウェイではシュート数では圧倒したものの、ゴールは遠く0-0。アウェイゴールの差で敗退となり、再び1部昇格を逃すことになる。

おすすめの記事