「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本サッカー界待望の大型サイドバック 酒井宏樹

2017 4/12 20:20Aki
hiroki sakai
このエントリーをはてなブックマークに追加

サイドバック王国 日本

Jリーグから海外リーグへ移籍する選手が多くなった昨今。Jリーグ選手にとって、どうしてもフィジカル(肉体的・物理的)面がヨーロッパの選手に劣る部分がある。大半はテクニカルなアタッカータイプの選手だ。ワールドカップにも出場していない小柄な香川真司選手が、移籍後にセンセーショナルな活躍を見せた事もその影響かもしれない。
もう1つ多くの選手がプレーするポジションがある。それはサイドバックだ。 世界最高峰の大会であるチャンピオンズリーグの2010-2011シーズン準々決勝では、長友佑都選手(インテル・ミラノ) 対 内田篤人選手(シャルケ04)という日本人サイドバック対決が実現した。
特に世界的なサッカー強豪国でもなくヨーロッパでプレーする選手もそれほど多くない日本人選手が、この世界最高峰大会の準々決勝で、同ポジションで対戦するというのは大変珍しいことだ。
おそらく、日本人選手が持つアジリティの高さと献身性や平均テクニックの高さが、ヨーロッパの大きなクラブで求められているサイドバックの要素と一致したのだろう。海外に移籍する日本人ディフェンダーのほとんどが、サイドバック選手となった。

日本代表として狙われていたサイドバック

多くの素晴らしいサイドバックを輩出している日本サッカー界だが、韓国代表やオーストラリア代表など、ワールドカップやオリンピックの予選で対戦することになるアジア強豪チームからは、狙い所にもなっていた。
サイドバックに共通しているのは小柄な選手であるということ。世界中でも体形が小柄な日本人は、アジリティやスピード、すばしっこさを求めらるサイドバックに適しているのだ。
フィジカル面を全面に出して戦う事が強みの韓国代表やオーストラリア代表は、日本代表のサイドバックポジションに向けロングボールを入れ、そこに大型フォワードを走り込ませるという戦い方をあみだし多用してくるようになった。元々そのような戦い方を苦手としていた日本代表に対し、アジアのライバル国である韓国代表やオーストラリア代表がさらに強調するようになったのだ。
対して日本代表側は、サイズ感のあるサイドバックを追及するようになる。

おすすめの記事