「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年はどうなる? 高校生年代の女子サッカーに注目

2017 4/12 11:20芝田カズヤ
女子 サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

高校生女子サッカーは力の偏りがある?

高校サッカーに限らず高校野球や、高校バレー、バスケなど、どの競技にも強豪校は存在し、前評判の高いチームが優勝するということも少なくありません。 高校女子サッカーは現在のところ、その傾向がより強いと言えるかもしれません。冬に行われる高校選手権はこれまでに25回行われています。同大会の過去の優勝チームを振り返ると優勝経験があるのは12チームありますが、2008年から2014年までの7大会を見ると、優勝したのは宮城県の常盤木学園高校と兵庫県の日ノ本学園の2校のみでした。
また全国大会の1つである女子サッカー競技のインターハイは2012年から行われています。これまでに5回しか行われていませんが、大会で優勝経験があるのは3チーム(2013年は雷雨の為両校優勝)、うち日ノ本学園が4回優勝しています。 これを偏りがあると受け取るかどうかは人によって異なるかもしれません。しかし全国大会のスコアを見ても大差がつく試合も少なくなく、現在のところ、圧倒的な強豪校の存在が他を寄せ付けていない感があります。
ちなみに男子の高校選手権では、過去10年の優勝校をみると実に8チームが初優勝を果たしていて女子とは対照的に力関係の変化も著しくあります。

新たな強豪チームは現れるのか?

では、女子高校サッカーの力関係はどう変わっていくでしょうか? もちろんすぐに勢力図がガラリと変わるということは無いかも知れませんが、少なくとも新たな勢力が現れてもおかしくないと言える状況になりつつあります。
まず、2017年の高校選手権の決勝を振り返ってみると、東京の十文字高校対大阪の大商学園というカードでした。両チームはこれまでにも全国大会に何度も出場していましたが、優勝経験はありません。 この決勝戦は今後女子高校サッカーの勢力が変わっていく可能性を予感させてくれました。
そもそも、先ほど紹介した常盤木学園や日ノ本学園が全国の舞台で優勝するようになったのも2000年代に入ってからです。1990年代までは別の強豪校が存在していました。それが、2002年に常盤木学園が選手権で初優勝を果たすとそこから何度も決勝に進出するようになり、今では最多5回の優勝、6回の準優勝を数えています。常盤木学園の初優勝をきっかけに女子高校サッカーの勢力が変わり始めたように、今回の初優勝を目指したチーム同士の決勝も今後の女子高校サッカーの変化を期待させてくれます。

おすすめの記事