「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

中国地方の女子サッカー強豪校!全国レベルで活躍するチームを紹介します

2017 4/11 15:24芝田カズヤ
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Hannamariah/Shutterstock.com

みなさんは女子サッカーの試合を見たことがありますか?男子に負けず劣らず白熱した試合展開が見られる女子サッカーですが、その注目度は男子に比べると正直まだまだです。そこで今回は女子サッカーに興味を持ってもらうため女子高校サッカーに焦点をあて、その中でも中国地方の強豪チームを紹介します。

男子高校サッカーの名門は女子も強かった!作陽高校

最初に紹介するのは岡山県津山市にある作陽高校です。作陽高校といえば男子サッカー部は全国大会の常連校で過去には高校選手権で準優勝の経験もある名門です。そんな作陽高校には女子サッカー部もあり、全国レベルで活躍しています。作陽高校女子サッカー部の創部は2005年と歴史は浅いものの、これまでに高校選手権には2016年の第25会大会時点で9年連続9回目の出場を、インターハイにはこれまで2013年~2016年にかけて4年連続出場しており、2016年は準優勝という成績を残しています。
作陽の背景にはなでしこリーグチームとの連携があります。作陽高校は岡山県の北部に位置する高校なのですが、同じく北部の美作市にはなでしこリーグに所属する岡山湯郷Belleがあり、作陽高校女子サッカー部は湯郷Belleの下部組織「作陽レディース」として活動しているのです。下部組織にすることによってチーム間での連携が可能となり、例えば湯郷Belleの選手を作陽高校の職員として雇用したり、選手が高校生のコーチを務めたり、合同練習を行ったりと両チームにメリットをもたらしています。

中国地方の双璧をなすチーム!広島文教女子大学付属高校

続いて紹介するのは広島県広島市にある広島文教女子大学付属高校です。チームの創部は2000年とこちらもそれほど長い歴史があるわけではありませんが、選手権には2016年の第25回大会までに11年連続11回の出場を果たしているほか、インターハイにも2度の出場経験があります。
先ほど紹介した作陽高校とともに中国地方の強豪校であり、長年ライバル関係にあるといえます。2016年の選手権中国地方予選の決勝では作陽高校と対戦しPK戦にまでもつれ込む接戦を制して中国地方予選で優勝を果たしているなど、作陽高校との実力は互角です。中国地方は女子高校サッカーチームの数が少なく、実力差も少なからずあります。ですので、広島文教女子大学付属高校は中国地方の女子高校サッカーを引っ張る存在として活躍が期待されます。

おすすめの記事