「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

これからのなでしこジャパンを担う、U-20代表に注目!

2017 4/5 09:49ryo_o
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.jfa.jp/women/

昨年、サッカー日本女子代表、通称「なでしこジャパン」はリオデジャネイロオリンピックに出場することができませんでした。 しかし、その後継世代であり、かつて「ヤングなでしこ」の愛称で活動していたU-20日本女子代表は、世代別ワールドカップ(W杯)で3位に入るなど、着実に成長しています。 彼女たちの戦績を振り返り、今後の日本女子サッカーの展望を見てみましょう。

アジアでの戦績

上記の通り、なでしこジャパンは、昨年のリオデジャネイロオリンピックでは、アジア予選で敗退してしまい、本選に出場することができませんでした。
2010年にW杯で優勝して以降、世界の強豪としての地位を確保してきただけに、なでしこへの期待も高かったため、その落胆は大きいものがありました。しかし、U-20世代に目を移すと、AFC U-19女子選手権2015で2大会ぶり4度目の優勝。この大会は2016年U-20W杯の予選大会でもあったため、見事優勝でW杯出場を決めました。
また、このとき2016年U-20W杯で優勝している北朝鮮をも下して優勝していることも注目すべき点です。

昨年のU-20W杯では・・・

2016年U-20W杯では、U-20女子日本代表は、グループBに入り、スペイン・ナイジェリア・カナダと同組になりました。この組み合わせ、男子代表だったらと思うと恐ろしい組み合わせですね・・・。
しかし、U-20日本代表は、初戦のナイジェリア戦で、籾木結花選手、上野真美選手がそれぞれハットトリックを決め、6-0の快勝で好発進を決めると、続くスペイン戦は0-1で落としてしまうものの、グループリーグ最終戦のカナダ戦で再び5-0の圧勝を納めています。
その結果グループリーグを首位で通過。決勝トーナメントでは、サッカーの母国ブラジルを撃破するも、フランスに敗れ、最終的に3位決定戦でアメリカに勝利し、世界3位となりました。

おすすめの記事