「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

注目のパラ競技、ブラインドサッカーを観戦しよう!

2017 3/29 09:48ryo_o
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Ververidis Vasilis / Shutterstock.com

視覚障がいがある人もない人も参加できるブラインドサッカー。日本では正式にプレーされるようになってからまだ20年もたっていない新興のスポーツで、独特な魅力が近年注目を集めています。 今回は、そんなブラインドサッカーの観戦ポイントや観戦マナー、日本ではどういった大会が開催されているのかなどを紹介します。

観戦前に知っておくべき基本情報

ブラインドサッカーは基本的には視覚障がい者の方のためのスポーツです。 視力の差による不公平を無くすため、プレーヤーにはアイマスクの着用が義務付けられています。 見えない代わりに選手が使うのが聴覚。ブラインドサッカーは基本的に音が大事なスポーツなのです。
具体的には、

(1)音が出るボールの使用
(2)ボールを奪いに行くときに「ボイ」という掛け声を出す
(3)ガイドという目の見える人の協力

といったルールが設けられており、これらが非常に重要になってきます。音・そして掛け声が、欠かすことができない要素なのです。

観戦マナー

ブラインドサッカーは非常に音が重要です。 上述したルールがあっても、ボールの音や味方からの指示、相手選手の声が聞こえなければ安全にプレーすることはできません。そのため、プレー中は観客も静かに見ることが求められます。よって、観戦中は基本的にはチャント等で選手を応援することはできません。
但し、例外はゴールが決まったときです。プレーヤーは観客の歓声で自身がゴールしたことを把握します。 ゴールが決まったときだけは思いっきり声を上げ、他のプレー時には集中して選手たちを見守りましょう。

おすすめの記事