「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東京パラリンピックでも注目!ブラインドサッカーは聴覚が命

2017 3/29 09:48Aki
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Ververidis Vasilis / Shutterstock.com

視覚障がい者によるサッカー「ブラインドサッカー」は、見るものを圧倒する激しさ、熱さがある、ある種通常のサッカーよりもタフな競技。東京パラリンピックを前に、パラリンピックの人気競技の1つであるブラインドサッカーをご紹介します。

目隠しをして行うサッカー

ブラインドサッカーのベースになっているのはフットサル。フィールドプレーヤー4人とゴールキーパー1人の1チーム5人で行われ、フィールドプレーヤー4人は視覚障がいのレベルを統一させるためアイマスクをしてプレーを行います。
フィールドプレーヤーが頼りにしているのはボールの中の鈴の音と、目が見える人の声によるコーチング。コーチングは相手ゴール裏にいる「コーラー」と呼ばれる人と、ピッチサイドの監督、そして自チームのゴールキーパーの3人です。それぞれがピッチを3分割した敵陣側・中盤・自陣側からコーチングを行うため、立ち位置に従って指示の内容や役割が異なっています。
プレーヤーは目が見えないためラインを自分で判断することができないため、ピッチの両サイド、通常タッチラインがある場所には壁が設置されています。

激しくタフなブラインドサッカー

ブラインドサッカーを初めて見た時、そのプレーの激しさに衝撃を受ける方がほとんどです。
ブラインドサッカーではプレーヤー達はピッチでの情報を音から得る事になります。そのためインプレー中はスタンドの観客は極力音を出さず静かに観戦しなければいけません。その為静かなピッチにボールに入った鈴の音と、声での指示が響く事になるのですが、それ以上に聞こえてくるのは「ドン!」という激しい音。ピッチサイドに設置された壁に選手がぶつかっている音です。
先ほども書いた通りブラインドサッカーではタッチラインが壁になっており、攻撃で相手ゴール前にボールを運ぶにはこの壁をいかに有利に利用するかがポイントとなっています。 しかし守備側もそれを理解しているので壁際に陣取って守備をする。その結果、ある種プレミアリーグ以上の激しいボディコンタクトが壁際で行われ、その度に「ドン!」という激しい音が響き渡るのです。

おすすめの記事