「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

なでしこリーグ1部復帰!ちふれASエルフェン埼玉

2017 3/29 18:30Aki
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://nadeshikoleague.jp/

昨シーズン、なでしこリーグ2部の激戦を2位で終え、コノミヤ・スペランツァ大阪高槻との入れ替え戦の末、1年での1部復帰を果たしたちふれASエルフェン埼玉。 そんなちふれASエルフェン埼玉のこれまでの歴史と2017シーズンについて紹介する。

1985年に誕生した歴史あるチーム

後にちふれASエルフェン埼玉となるチームが生まれたのは1985年。埼玉県狭山市で活動する狭山市スポーツ少年団アゼリアFCが少女チームを発足させた。その後、1991年に12歳以上のチームをアゼリアのAと狭山・埼玉西部のSからASエルフェンFCとして独立。2002年にASエルフェン狭山FCとして日本女子サッカーリーグに加盟する。
大きく注目を集めたのは2013年。2部にあたるチャレンジリーグで戦うチームに元なでしこジャパンの山郷のぞみ選手、荒川恵理子選手、伊藤香菜子選手が加入。そしてシーズン途中にはオリンピック・リヨンに移籍していた大野忍選手も加入し、リーグナンバーワンの得点力で1部昇格を達成。当時のチームは今季から岡山湯郷Belleの監督となり、テレビでもおなじみの亘崇詞氏がコーチを務めていた。

悲願の1部復帰を達成

2015シーズンに最下位となり再び2部降格となったASエルフィン埼玉。2016シーズン開幕前に元々クラブをスポンサードしていたちふれ化粧品がチームの命名権スポンサーと選手の雇用受け入れ先となり、チーム名もちふれASエルフェン埼玉に変更。選手は大きく変更となるが、1部復帰に向けて大きく動き出す。
そして迎えた2016シーズンは、セレッソ大阪堺レディースに1度敗れたのみの12勝5分1敗の2位となり、入れ替え戦に進出。1部で9位に終わったコノミヤスペランツァFC大阪高槻との入れ替え戦をホームで4-1、アウェイで1-0の合計スコア5-1で圧勝し、目標としていた1年での1部復帰を達成。 2017シーズンは1部で迎えることになった。

おすすめの記事