なでしこリーグ制覇へ燃えるベガルタ仙台レディースの軌跡|【SPAIA】スパイア

「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

なでしこリーグ制覇へ燃えるベガルタ仙台レディースの軌跡


サッカー

出典 http://www.vegalta.co.jp/

2011年のチーム創設からなでしこリーグで好成績を収めてきたベガルタ仙台レディース。 しかし、1部リーグでは強豪の厚い壁に阻まれ、まだ優勝には手が届いていない。 そんなベガルタ仙台レディースの歴史と、覇権争いに燃える2017年シーズンの展望を解説する。

東北に勇気と活力を与えたベガルタ仙台レディース誕生の経緯

ベガルタ仙台レディースは、福島県に本拠を構えていた東京電力女子サッカー部マリーゼの休部に伴い、その所属選手を受け入れる形で2011年11月に創設された。東北地方を中心に甚大な被害をもたらした東日本大震災、そして大きな社会問題となった福島原発事故の影響で活動自粛を余儀なくされたマリーゼだが、その後を受け継いだのが東北に拠点を置くベガルタというのは何か感慨深いものがある。
マリーゼの登録選手26名のうち18名が移籍加入、セレクションの合格者2名を加えた20名体制でベガルタ仙台レディースが正式発足したのは2012年2月1日のことだった。

チャレンジリーグで見せた驚異のベガルタ旋風

選手の大半が元マリーゼのチームメイトということもあり、ベガルタ仙台レディースには強い結束が見られた。チーム発足初年度はリーグ規定によりチャレンジリーグ(当時の2部リーグ)でのスタートとなったが、東北魂を胸に戦うベガルタは他の追随を許さず、20勝2分け無敗という驚異の成績で優勝を果たす。
中心選手の1人である伊藤美菜子選手は出場20試合で20得点を挙げ、この年のチャレンジリーグMVPを獲得した。計88得点という圧倒的な攻撃力に加え、22試合で失点わずか12という強固な守備は、日本代表経験もある長船加奈選手や坂井優紀選手の活躍によるものだ。中盤には上辻佑実選手や途中加入の鮫島彩選手といった実力者が揃い、非常にレベルの高いメンバー構成となっていた。

安定した成績を残すベガルタ仙台レディースの順位をおさらい

2012年にチャレンジリーグを優勝、なでしこリーグに昇格してから、ベガルタ仙台レディースは1度も降格をしていない。主力選手が移籍や引退でチームを去っても、代わりを務める若手や新加入選手が遜色ない活躍を見せることでチーム力を維持してきた。
2014年はリーグで10チーム中7位という結果だったがこれを下回る成績は残したことがなく、毎年安定した戦いぶりを見せている。これまでの最高順位は2015年の2位で、直近の2016年は4位と、優勝争いへあと一歩のところまできている。
皇后杯はチャレンジリーグ時の2012年が3回戦敗退、昇格初年度の2013年はベスト8で、以後3年連続でベスト4に進出している。

ベガルタ仙台レディースに所属したなでしこ戦士たち

ベガルタにはなでしこジャパンに選出されたメンバーも数多く所属してきた。チーム発足時に主将として在籍した下小鶴綾選手は2008年まで代表メンバーに名を連ねた名手で、現在はベガルタのアシスタントコーチを務めている。
同じく2012年から所属した長船加奈選手と坂井優紀選手もなでしこジャパンのメンバーとして出場経験を持つ。坂井選手は現在もベガルタの一員として、チームの特徴である堅守に貢献している。 上辻佑実選手はベガルタ在籍時の2012年に代表初キャップを踏んだ。同年夏にフランス・モンペリエから加入した鮫島彩選手は、なでしこジャパンのW杯優勝にも尽力した。
2015年のW杯を戦った川村優理選手や北原佳奈選手、昨季からの復活を期す有町紗央里選手や高良亮子選手も代表経験がある。佐々木繭選手は2016年からなでしこジャパン入りした期待の若手だ。

堅守をベースに頂点へ!ベガルタの2017年シーズン展望

2017年からマイナビとパートナーシップを結んだベガルタ仙台レディース。戦力的な特徴としては守備の固さが挙げられる。2017年シーズンも北原佳奈選手や坂井優紀選手、岸川奈津希選手、そしてアメリカ人GKのブリトニー・キャメロン選手で構成されるディフェンス陣は相手フォワードの脅威となるだろう。
一方で課題となるのが得点力だ。なでしこリーグで2位に躍進した2015年はシーズン40得点を挙げたが、2016年は同29得点と低迷した。チームは起爆剤としてオーストラリア代表のケイトリン・フォード選手を獲得、2016年のアジア年間最優秀選手に期待が集まる。
在籍3年目となる上昇著しい佐々木繭選手や、ドイツで経験を積み復帰を果たした入江未希選手が結果を残せるかも鍵を握る。

まとめ

なでしこリーグの2017年シーズンは3月25日に開幕する。 ベガルタ仙台レディースの初戦は翌26日、相手はジェフユナイテッド市原・千葉レディースだ。 開幕戦を勝利で飾って、シーズンの優勝争いに勢いをつけたいところだ。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球 試合経過・結果

セ・リーグ

パ・リーグ

{{league_title}}

  • 本日開催される試合はありません

B1 順位表

東地区
中地区
西地区
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}

プロ野球 OPS順位

セ・リーグ
パ・リーグ
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}

人気記事ランキング

SPAIA スポーツコラム ライター募集中!