「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカーで背番号9番を背負う意味とは?

2016 7/31 18:20
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Marco Iacobucci EPP / Shutterstock.com

サッカーで背番号9番というとFWがつけているイメージが強いが、実際にはどうなのだろうか。9番を背負うことの意味を知りたい。日本や海外のスター選手で9番を背負う選手から考察した、9番の持つ意味を紹介する。

もともとはCFWだった?

背番号ができた当初、主流のシステムが235だった。ゴールキーパーを1番として順番に背番号を振り分けていったところ、9番は5トップの真ん中のポジションとなったのだ。したがって、その頃から9番は点取り屋やエースストライカーがつける背番号としての意味合いが強くなった。現在でこそ5トップなんてシステムはほとんど見られなくなったが、それでも9番は前線の選手がつけるものであるという風潮は色濃く残っているのだ。

日本代表で9番を背負った選手たち

日本代表の9番は、古くは武田修宏や中山雅史から久保竜彦、高原直泰そして現在はレスターでプレミアリーグの優勝を経験した岡崎慎司へと受け継がれている。名前を並べてみるだけでも、とにかく点を取ることでほとんどその他の仕事が許されてしまいそうな、そのときそのときのエースストライカー、点取り屋が背負ってきた番号であることがわかる。相手ゴールの一番近い場所にポジションをとり、隙があればひたすらゴールを狙う、背番号9はそんな選手が背負う番号なのだ。

おすすめの記事