「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカーでインターハイに出るためには?出場条件を確認!

2017 3/22 18:27芝田カズヤ
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

毎年夏に開催される全国高等学校総合体育大会、通称インターハイ。サッカーでは冬の全国大会である高校サッカー選手権が有名だが、インターハイも全国の強豪校が集まるレベルの高い試合が行われる。今回はインターハイに出場するためにはどうすればいいのかその出場条件を紹介したい。

基本的な出場条件とは?

インターハイに出場するための必要事項を確認していく。まずは大会要項に記載されている参加資格をみてみよう。 日本サッカー協会のホームページに記載されている、平成28年(2016年)大会の要項の中でも主なものは以下のようになっている。

  • 高校に在学していること
  • 日本サッカー協会に登録をしている選手
  • 出場できるのは同一競技で3回まで(同一競技への出場は同一学年で1回のみ)
  • 全日制・通信制・定時制の混成チームでないこと
  • 転校後6ヶ月未満でないこと(例外あり)


これらは一部のみだが、ルール上における参加条件としてはそれほど難しいものではない。

各都道府県大会を勝ち抜かなければいけない

基本的にインターハイに出場できるのは各都道府県から1チームのみだ。「基本的に」ということなので例外があるのだが、それは後ほど説明する。
インターハイのサッカー競技本大会は7月?8月頃に行われるのだが、本大会に先立ち各都道府県で予選が行われる。予選方式は各都道府県によって異なるが、多くはトーナメント方式となっている。なので、トーナメントを勝ち抜くことでインターハイのチケットを獲得することができるのだ。

おすすめの記事