「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

女子サッカーなでしこリーグカップ2016を振り返る

2017 3/22 18:27芝田カズヤ
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Midiwaves/shutterstock.com

女子サッカーの日本最高峰のリーグであるなでしこリーグだが、このなでしこリーグ所属のチームによってカップ戦が行われている。今回はなでしこリーグカップの中でも、2016年大会を振り返り、2017年大会の展望を推測する。

なでしこリーグカップとは?

なでしこリーグカップとは、なでしこリーグに所属しているチームによって行われるカップ戦だ。男子でいうJリーグカップ(ルヴァンカップ)に相当する大会だ。
なでしこリーグカップの歴史はまだまだ浅く、第1回大会は2007年に開催された。その後も毎年開催されているわけではなく、2010年、2012年、2013年、2016年と不定期での開催となっていて、2016年大会で5回目となった。 まだまだ十分に定着してる大会ではないが、リーグ戦や皇后杯などと共に、タイトルの1つとなる大会だ。

2016年大会の方式

2016年大会以前は1部リーグでのみカップ戦が行われていたが、2016年大会からは2部リーグでも行われることになった。
参加チームは1部2部共に10チームずつ。1部は順位を元に、2部はチームの所在地を元に2グループに分け、グループリーグを2回戦総当たりで行い、上位2チームがそれぞれ決勝トーナメントへ進出するという方式で行われた。
カップ戦には優勝賞金が設定されていて、1部は優勝500万円、準優勝300万円、3位50万円となっている。また2部も、1部ほどの額ではないが賞金があり、優勝チームには50万円が授与されることになっていた。

おすすめの記事