「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本代表は?U-20ワールドカップの結果から考える女子強豪国

2017 3/22 18:27芝田カズヤ
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 bikeriderlondon/shutterstock.com

2年に1度20歳以下の選手によって構成される代表チームが参加するU-20ワールドカップ。女子は2002年に当時はU-19世界選手権として始まりその後U-20ワールドカップとなった。今回はU-20ワールドカップの過去の結果から強豪国がどこなのか考察する。

優勝経験のある国はどこか?

2002年に始まったまだ歴史の浅い大会であるため、優勝経験のあるチームはそれほど多くない。過去U-19世界選手権の時を含めて8大会行われているが、優勝しているのは3カ国のみだ。最多優勝は3回のアメリカ、ドイツで、ついで2回の北朝鮮だ。
アメリカやドイツはフル代表もワールドカップやオリンピックなどでも優勝経験のある強豪国だ。また北朝鮮はその詳細はベールに包まれているが、アジア大会では何度も優勝しているなど、やはり強豪国といえる。 フル代表での強さはU-20年代でも共通しているのだろうか?

優勝経験のある国から考える強さの理由

アメリカとドイツに関しては、何と言っても女子サッカー界の中でも選手の数が多い国ナンバー1と2だ。アメリカが約166万人、ドイツが約95万人となっていて、豊富な選手数が強さの理由の1つにあると考えられる。
また、北朝鮮に関しては分かる範囲になってしまうが、少し前のFIFAの資料によると国内にあるサッカーチームの約3分の1が女子チームのようだ。この比率は日本に比べると非常に高く北朝鮮が女子サッカーに力を入れているということがわかる。また、U-20の下のカテゴリーのU-17ワールドカップにおいて、2016年大会では日本を下して優勝しており、幼い頃からサッカー指導が行われているものと考えられる。

おすすめの記事