「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

U-20ワールドカップを経て日本代表へ!世界を経験した女子選手とは

2017 3/22 18:27芝田カズヤ
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 https://www.daily.co.jp/

育成年代の集大成になるU-20ワールドカップ、女子では2002年から2年ごとに行われている。この大会を経て日本代表となっていく選手は多く、重要な大会と位置付けられている。そんなU-20ワールドカップを戦い、なでしこジャパンへと進んだ選手を大会ごとに紹介したい。

U-20日本代表とは?

通常代表チームというと、女子は全世代の選手から構成されるなでしこジャパンのことを想像すると思う。なでしこジャパンは、ワールドカップやオリンピックなどの国際大会を戦う。
それに対して20歳以下の選手から構成されるのがU-20日本代表で、このチームが出場する国際大会がU-20ワールドカップだ。20歳ということで、プロ選手もいれば大学生や高校生など様々なカテゴリーの選手から構成されている。
まだまだ成長途中の年代でもあるので、U-20ワールドカップのような国際大会を経験することが、その後の選手の成長に大きく関わる可能性もあるので、日本サッカーにとっても大切な年代の1つだということができる。

2008年大会 チリ

2008年のこの大会よりワールドカップの名称が用いられるようになっている。(それ以前はU-20/U-19世界選手権)。日本はアジア予選を2位で突破し、3大会ぶりに本大会へと駒を進めていた。本大会では、予選グループリーグを1位で突破するが、その後の決勝トーナメントで敗れベスト8で敗退している。
この日本代表には、すでにフル代表にも選出されていた宇津木瑠美選手や、同じく高校生ながらすでに代表経験を持っていた熊谷紗希選手、日本サッカーのエリート養成機関であるJFAアカデミー福島の1期生の山根恵里奈選手など、のちの日本代表主力級の選手たちが名前を連ねていた。

おすすめの記事