「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカーで背番号7番を背負う意味とは?

2016 7/31 18:20
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Marco Iacobucci EPP / Shutterstock.com

サッカーで選手が身に着ける7番のユニフォーム。この7の意味について気になったことはあるだろうか?今回は選手が7番を背負う意味やその番号を付けられる選手の特徴についてわかりやすく解説していく。

サッカー日本代表の背番号7番といえば

背番号7番と言えば記憶に新しいところでは、代表キャップ数が歴代1位を記録した遠藤保仁だ。その前は初めて海外で成功した日本人サッカー選手の中田英寿が記憶に新しい。日本では長年、チームの中心と言えるキープレーヤーがこの背番号を背負ってきた。遠藤が代表から外れた時には、次に誰が7番、つまり遠藤の後継者となるのかが話題に上がった。偉大なプレーヤーがつけた番号だから重要なのか、重要だから偉大なプレーヤーがつけるのか、いずれにせよ日本では注目される背番号であることは間違いない。

背番号7番をつけた有名選手達

現在のサッカー選手の中でメッシと並び最高の選手と評されるクリスティアーノ・ロナウド。彼はマンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリード、そしてポルトガル代表で背番号7番を背負っていた。ポルトガル代表でクリスティアーノ・ロナウドの前に7番をつけていたのは、黄金世代と言われた代表チームの中心人物ルイス・フィーゴだ。レアル・マドリードで前に7番をつけていた選手は、ラウール・ゴンザレスで、レアル・マドリード、スペイン代表の至宝と言われ長きに渡りスペインサッカーを盛り上げた選手だった。

おすすめの記事