「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカーで背番号6番を背負う意味とは?

2016 7/31 18:20
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Marco Iacobucci EPP / Shutterstock.com

現代サッカーでは、背番号6を付ける選手の役割が非常に重要なものとなっている。では一体どんな選手が6番を付け、どのような役割を担っているのだろう?背番号6が持つ意味とそのポジションの重要性を紐解こう。

ブラジルではサイドバックが主流

ブラジル代表では、4-4-2のフォーメーションが主流で、背番号はポジションごとに固定されているため、ほとんどの場合サイドバックの選手が付けている。そんなブラジル代表のサイドバックといえば、ロベルト・カルロスが思い浮かぶ。超攻撃サイドバックとしてチャンスを作り出すだけでなく、ゴールを数多く奪い取る選手であり、1997年にワールドカップのプレ大会として行われたトゥルノワ・ド・フランスのフランス戦で放ったフリーキックは今でも伝説となっている。

ヨーロッパでは屈強なセンターバックのイメージ

ヨーロッパではセンターバックが背番号6を付けるケースが多い。特に、守備のスペシャリスト的な名選手が多く6番を付けてプレイしていた。その代表格は、イタリアで活躍していたフランコ・バレージだ。クレバーで確実にピンチの芽を摘むプレイぶりで、ACミランの黄金期を支えた。その功績を讃えられ、クラブの名誉副会長職に就任するとともに、背番号6は永久欠番となっている。

現代サッカーではボランチが付ける

現代サッカーにおいては、背番号6はポジションを一枚上げてボランチやアンカーと呼ばれるポジションの選手が付けるケールが多い。チャンスの芽を積みながらも、攻撃時には積極的に参加し、ミドルレンジのパスで攻撃を構築する。その代表的な選手が、日本代表の遠藤航(浦和レッズ)だ。ボランチだけでなくセンターバックもこなせる器用さが魅力的な選手だ。このセンターバックをこなせるというのが、現代サッカーにおける背番号6のキーワードであり、マルチな才能を求められるポジションの選手が付ける印象が強くなっている。

最強の6番。シャビ・エルナンデス

近年における最強の背番号6の選手はシャビ・エルナンデスだ。長くバルセロナの中盤を支えた選手で、スペイン代表としても多くのタイトルを獲得してきた。派手さはないが的確なパスワークと、思いもつかないプレイぶりで多くのファンを獲得し、その発言にも注目の集まった選手でもあった。1999年のワールドユース決勝で、日本にとって大きな壁となったことは有名な話だ。現在は、カタールのアル・サッドでプレイしているが、当然背番号は6だ。

まとめ

このように、時代や国柄によって背番号6の持つ意味合いが大きく異なっている。特徴として、縁の下の力持ち的な選手が背番号6を付けている場合が多い。今後も、隠れた名選手が背番号6を付けて活躍することだろう。

関連記事

おすすめの記事