「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカーで背番号5番を背負う意味とは?

2016 7/31 18:20
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表の5番長友佑都

日本代表で5番を背負っているのはSB(サイドバック)の長友佑都選手だ。長友選手はSBの選手だが、人並み外れた運動量で守備と攻撃の両面で活躍することができる。味方が危ういと感じればすぐに守りに入り、チャンスと感じればサイドに素早く駆け上がりクロスを入れる。長友選手はこれらの活躍により、名門インテルに現在在籍している選手の中では最古参となるまでに評価されている。ちなみに長友選手がインテルで5番でない理由には、移籍当時スタンコビッチ選手(モンテネグロ元代表)が先に5番を付けており、空きがなかったことに由来するそうだ。

バルセロナの魂5番カルレス・プジョル

長友選手以上に5番らしい選手としては、元バルセロナ所属のカルレス・プジョル選手が挙げられる。彼は身長178cmとCBの選手としては小柄な選手だ。しかし彼はバルセロナの下部組織出身で、1999年にトップチーム昇格以降、2014年に引退するまでひたすらバルセロナの魂であり続けた。小柄であることが気にならないほどに巧みなボール奪取能力、元来の生真面目さが活きたチームのキャプテンとしての貢献度に疑いの余地はない。彼の5番は後に、同じくバルセロナに所属するセルヒオ・ブスケツ選手が引き継いでいる。ブスケツ選手もボール奪取の技術に長けているし、なによりプジョル選手と同じ生粋のバルサっ子。間違いなくその魂を引き継いでくれるはずだ。

おすすめの記事