「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカーで背番号4番を背負う意味とは?

2016 7/31 18:20
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 mooinblack / Shutterstock.com

サッカーで選手が身に着ける4番のユニフォーム。一般的に4番はDFの選手が背負うことが多いのだが、必ずしもそうとも限らない。ポジションとは関係なく4番を背負う事となった選手の経緯や意味を解説しよう。

4は守備寄りの選手が付ける

結論から言うと、4番はDFの選手が背負うことが一般的だ。普通背番号は1番を付けるのがGKで、自陣のゴールに近い選手ほど若い番号を付ける場合がほとんどなのだ。その中でも4番はディフェンスの選手で、詳しく言うならばCB(センターバック)の選手が担う。5番の背番号も大体はCBもしくはSBの選手が付ける番号だが、4と5では役割に若干の違いが出る。もちろんチームにもよるが、5番が攻め込んでくる相手に突っ込んでいって守備をし、4番がそれよりも後ろで対処を行うと思っていただければ良い。

本田選手が4番を背負ったマル秘エピソード

本田圭佑はFW(フォワード)/ MF(ミッドフィルダー)の選手だが、日本代表に選ばれ始めた当時、かつて彼は本来DFが付けるはずの4番を付けることとなった。これにはエピソードがある。本田は元々エースナンバーである10番を付けたかったらしいのだ。だが10番は既に香川真司など先客がおり、付けられなかったのだ。その後、本田は自身の好きな数字という3を候補にしたが、これも当時3番の駒野がおり、次いで好きな数字であった4番にも栗原が居たのだ。しかし、栗原が本田に4番を譲ることを快諾し、本田は4番を付けることができた。別の説には「スペイン代表のMFセスク選手を真似たのでは?」というのもあるが、それよりは前者のなりゆき説が有力のようだ。

おすすめの記事