「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカーで背番号1番を背負う意味とは?

2016 7/31 18:20
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 LevanteMedia / Shutterstock.com

サッカーで選手が身に着ける1番のユニフォーム。この1の意味について気になったことはあるだろうか?今回は選手が1番を背負う意味やその番号を付けられる選手の特徴についてわかりやすく解説していきたい。

背番号1番は正守護神の証?

すでにご存知の方も多いかもしれないが、この背番号1という数字はゴールマウスを守るGK(ゴールキーパー)に与えられる数字だ。過去にGK以外の選手が背負っていた時代もあるが、現代のサッカーにおいてはGK以外がこの番号を背負うことはめったにない。ちなみに背番号1を付けないGKを見かけることもあるが、その選手は主に控えのGKである可能性がある。もしくは、背番号1のGKよりも所属年数が少ないといった場合もある。サッカーにおける背番号1は試合の結果を大きく左右する「正守護神の証」なのだ。

技術も求められる現代の1番

GKはゴールを守ることが一番の役割だ。しかし、現代のサッカーにおいては単にゴールを守るだけでなく、味方に正確なパスを運ぶ「足元の技術」が求められるようになってきた。具体的な例を挙げるとするならば、バイエルン・ミュンヘンのノイアー選手なんかは、特にこの役割を担っている。彼の足元の技術無しで現在のバイエルンの躍進は無理だろう。ここまで足元を要求されるようになったのには、1992年のルール改正がある。GKは味方からの故意のバックパスを手で触ることを禁止されたのだ。手で触ることを禁止されたからには、脚でボールを受けまた前に出さなくてはならない。また、GKは後ろからの守備陣の統率や、試合終了時に得点しなくてはならない時には、守ることを捨てセットプレーに参加したりすることもある。今や単に守るだけのGKは時代遅れとなってきており、必要とされる技術は多岐に渡る。

おすすめの記事