「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ブラインドサッカーのスポンサーについて

2017 2/16 10:10
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Ververidis Vasilis/Shutterstock.com

視覚障がい者の方のサッカー、ブラインドサッカー。 日本に組織ができ、国際大会に参加し始めたのはここ20年のことです。 もちろん、組織が活動し、大会運営などをするためにはスポンサーの存在が不可欠です。 どんな企業がスポンサーになっているのかを説明します。

食の面からもサポート・味の素

味の素は、社会への貢献を味の素グループwayの一つとして掲げています。 そして、eat well,live wellの理念の下、スポーツに関しても、サプリメントの開発などに力を入れている企業です。
それと同時に、スポーツ競技にも積極的な投資を行っています。J1FC東京、J2東京ヴェルディ1969のホームスタジアムである味の素スタジアムは日本初のネーミングライツが適用されたスタジアムであり、既に15年間、これを継続しています。 同様に、ブラインドサッカー日本代表のスポンサーにもなっているのです。

世界のスポーツメーカー・アディダスジャパン

言わずと知れた世界的なスポーツメーカーの日本社です。 有名なところでは、サッカー日本代表のユニフォームも担当する等、非常に積極的な投資をスポーツそのものに対しても行っています。
アディダス グループは、「スポーツには生き方を変える力がある」と信じて社会貢献活動を行っており、ブラインドサッカー日本代表のスポンサーとしての活動もこの一環といえます。また、製品提供も実施しており、これも社会貢献の一環といえるでしょう。

おすすめの記事