「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

関西から全国へ名を轟かせ!サッカー強豪大学はこの5校

2017 2/9 09:26
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Bplanet/Shutterstock.com

どの分野のスポーツでも、関西出身の選手が大活躍している姿はよく見かけると思う。 今回は関西でサッカーの強豪大学を5校紹介していこう。

全国屈指の伝統強豪校 「関西学院大学」

まず紹介するのは兵庫県西宮市をホームタウンとしている関西学院大学だ。創部されたのは1918年、なんと100年近くの歴史を持つ全国屈指の伝統校としても知られている。実績の方も素晴らしく、関西学生サッカーリーグでは最多の29度の優勝を果たしており、長らく関西の大学サッカーを牽引してきた。
現在でもその高い実力は維持されており、特に2015年には29度目のリーグ優勝を果たすと、そのまま関西学生サッカー選手権、インカレ、総理大臣杯でも優勝。なんと4冠を達成した。
監督の成山一郎氏は、選手たちに「人としてどう生きるべきか」ということを常に考えさせている。人間力の高い選手は、それだけサッカーに対する意識も高く、自分たちで勝つためにはどうすべきかを考えられるようになるそうだ。そんな彼らのハイレベルなサッカーが、今後も関西、全国のサッカーを盛り上げてくれるだろう。

関西でもひときわ輝く存在感 「阪南大学」

続いて紹介するのは大阪市松原市にある阪南大学。1965年に創部し、89年に関西学生サッカーリーグへと参加しました。そのため、主な実績は90年以降のものになるのだが、それでも非常に素晴らしいものを残している。
1996年にリーグ1部初優勝を果たすと、そこから2002年・2003年の2連覇を含む8度の優勝。2001年、2012年には総理大臣杯でも優勝を経験した。2016年にもリーグ1部で優勝しており、この25年で全国屈指の強豪校へと駆け上がってきた。その存在感は、強豪ひしめく関西でも光り輝いている。

おすすめの記事