「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカーの強豪大学、北海道編

2017 2/9 09:26
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Gelner Tivadar/Shutterstock.com

冬は雪が積もることが多く、難しい環境でサッカーをすることになる北海道の大学ですが、そんな困難を覆して熱い戦いを繰り広げていることもあり、大きな注目を集めています。 本稿では、北海道の大学サッカーにおける強豪校をピックアップして紹介していきます。

圧倒的な成績!岩教大

北海道教育大学岩見沢校サッカー部(岩教大)は、北海道の大学サッカーリーグ1部に所属している強豪大学です。 特筆すべきは、リーグにおける成績であり、2016年のリーグ戦は12勝1敗1分という圧倒的な成績で優勝したことで大きなインパクトを与えました。
今季の成績は北海道の大学においては敵なしといえる最高の結果を残したことから、北海道を代表する存在としてこれからの全国大会における活躍を大いに期待されています。

最高の実績!札幌大学

札幌大学は、これまでにリーグ戦において歴代最多である25回の優勝を誇る名門大学として知られています。 現在も1部で好成績を残しており、北野貴之選手、清原翔平選手といった現在もプロサッカー選手として活躍している逸材を輩出していることで注目されているのです。
今後も北海道の大学サッカー界を引っ張る活躍と、全国に名を轟かせる有名選手を輩出して日本サッカーのレベルを引き上げることを期待されていることでしょう。

天然芝の環境で実力を伸ばす、道都大学

道都大学サッカー部は、天然芝という最高の環境が用意されているグラウンドで練習を行っていることで知られています。 そんな環境で着実に個々のレベルを上げてきた選手たちは、北海道学生サッカーリーグ1部においても好成績を残しており、これまで合計4度の全国大会出場を果たしているのです。
現在は岩教大や札幌大に遅れを取っている印象がありますが、今後はこの2つの大学を上回っていく活躍を見せることが期待されています。

精力的な取り組み、北海道大学

北海道大学は、北海道学生大学リーグの1部に所属している強豪大学として知られています。 ただ強いだけでなく、新歓において新入部員が入りやすい雰囲気を作り出したり、東京で合宿を行ったりと、チーム作りのための活動に余念がない部でもあるのです。
また、北海道大学のグラウンドは、部員だけでなく地元の小中高校生にも提供するなど、自分たち以外のサッカーも含めて活動している先見性のあるところも見せて注目を浴びています。

北海道でも強い!東海大学札幌

東海大学札幌は、その名の通り東海大学の札幌キャンパスです。 東海大学はさまざまなスポーツで好成績を残していることで知られていますが、東海大学札幌も北海道のサッカー大会で4冠を獲得したり、北海道学生サッカーリーグにおいて1部に所属するなど、さすがと言うべき強さを誇っています。
今後は学生リーグで優勝を果たして全国大会に出場し、その他の系列大学と共に大学サッカーの舞台を席巻することが期待されていることでしょう。

まとめ

雪が多い場所に住んでいるからこそ、練習を工夫したりクレバーな発想を身に着けることができるのかもしれませんね。 今後は全国という大学サッカー界の最高の舞台において、北海道の大学の活躍に期待したいところです。

おすすめの記事