「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカー好きなら知っておきたい!サッカー関係の仕事とは?

2017 2/9 18:26
soccer work
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by pixfly/Shutterstock.com

サッカーが関係する仕事にはさまざまなものがある。 今回はその中でもサッカー好きが知っておきたい仕事をピックアップして紹介していく。 仕事の概要はもちろんのこと、選手やクラブとの関わりについても取り上げていく。

試合に欠かせない審判

サッカーの試合に欠かせない仕事が「審判」だ。審判の仕事は試合をジャッジすることだ。試合では通常主審1名、副審2名が必要だ。 れっきとした資格が存在しており、講習会や地道な経験を積むことによってなることができ、階級もある。重要な試合や国際試合などで笛を吹く主審は、その選抜も厳しく、ごくわずかな人物しか任せられない。
また、近年はバニシングスプレーなどの新しい道具や機械によるゴール判定なども導入される傾向にあり、審判を取り巻く環境も変化し続けている。

裏方中の裏方。グラウンドキーパー

サッカー関係の仕事でも裏方中の裏方、「グラウンドキーパー」という仕事がある。 彼らの仕事は芝生の調整をすることがメインだ。芝は試合や練習ごとに荒れるため、継続的に整備を行わなくてはならない。その整備には熟練の技が光る。
クラブの監督が芝生の長さを細かく指定してくることがあり、これに応える必要もある。また、岡崎慎司選手を擁するレスター・シティの芝生のように、その高い芸術性が評価されることもある。 芝生の整備と一口に言っても、さまざまな仕事や求められるタスクがあるのだ。

おすすめの記事