「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ゴールを守る砦!ゴールキーパーに求められるメンタルとは?

2017 1/30 12:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Maxisport/ Shutterstock, Inc.

サッカーのゴールを守り、唯一手を使うことが許されるポジションがゴールキーパーです。 1つのミスが即失点につながることもあり、重要なポジションと言えます。 そんな責任重大なキーパーには、どのようなメンタルが必要なのでしょうか? 今回はキーパーのメンタルについて紹介したいと思います。

ゴールキーパーの仕事

ゴールキーパーの主な仕事は、ゴールを守ることです。相手のシュートをキャッチしたり、時にはダイビングして弾くこともあります。さらに、ボールに飛び込んでくる相手に対して、果敢に飛び込んで体を投げ出してゴールを守ることもあります。また、近年のゴールキーパーは、守るだけではなく、攻撃を組み立てる際のパス回しにも参加したり、ロングキックで攻撃のチャンスメイクをしたりするなど、攻撃面での役割も増えています。
そんなゴールキーパーですが、試合中はどのような心構えでいるべきなのでしょうか?次章以降で試合中の心構えについて紹介します。

試合中の心構え(1)

まずは同点の場合の心構えです。勝つためには得点が必要になるため、ゴールキーパーから積極的に仕掛けることを促す声や「いけるぞ」という雰囲気を作れる声を出すようにしましょう。このような声を出すためには、ゴールキーパー自身も前向きでポジティブな心持ちでいることが大切です。チーム全体として点を奪いにいくんだというチャレンジ精神を持ってプレーできるようにしましょう。
一方で、同点なので失点を許すとチームが苦しくなります。チャレンジの中でもリスク管理をしっかりと行わなければなりません。チームの一番後ろに位置して全体が見渡せるゴールキーパーが他の選手に上手く声をかけてコントロールするようにしましょう。そういった意味では、ゴールキーパーには他の選手のメンタルも上手くコントロールすることが求められます。

おすすめの記事