「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカーの試合を司る!ミッドフィルダーに必要なメンタルとは?

2017 1/30 12:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by A.RICARDO / Shutterstock, Inc.

サッカーにおいては主に試合の流れをコントロールする役割を担うことが多いミッドフィルダー。 このポジションをこなすためには、どのようなメンタルが必要になるのでしょうか? 今回はミッドフィルダーのメンタルについて紹介します。

ミッドフィルダーの役割

主に前線でゴールを奪うフォワードと、主に自陣のゴール前でゴールを守るディフェンダーの間に位置するのがミッドフィルダーです。
ミッドフィルダーの役割は攻守において多岐に渡ります。攻撃においてはパスやドリブルで仕掛けゴールを演出するほか、時には自分で最前線に飛び出してゴールを狙うこともあります。一方で、守備においてもミッドフィルダーが守備をしないと相手選手がフリーの状態になりやすくなってしまいます。また、守備的なミッドフィルダーは相手のフォワードへのパスを簡単に入れさせてしまうと一気にピンチを招いてしまいます。
このように攻守両面においてチームの核となるのがミッドフィルダーです。

チームのためを思う

サッカーはチームスポーツなので、チームが勝利するためにできることをするというのはすべてのポジションにおいて言えることです。ただ、中でもミッドフィルダーはより強くそのメンタルを持つ必要があります。
1章で紹介したように、ミッドフィルダーは攻撃においてはゴールを演出するようなラストパスを供給する機会が多くなります。時には自分で点を取りたいと思うことがあるかもしれませんが、自分で点を狙うよりも確率の高い方法があるならば(フリーの選手がゴール前にいるなど)、そこにパスを出すことを求められるのです。
このことは、すべてのポジションに言えることではあります。しかし、ゴール前においてボールを触る機会が多く、シュートもパスも選択できる状況がよく訪れるミッドフィルダーにおいては、時には自分でシュートを打ちたい気持ちを抑えてチームが勝利するためのプレーを選択することが求められるのです。

おすすめの記事