「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカーにおける最後の砦!ゴールキーパーのケア方法紹介

2017 1/30 12:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by ESB Professional/ Shutterstock, Inc.

サッカーにおいて唯一手を使えるゴールキーパー。そのため、腕や手を怪我するということもよくあります。 他のポジションとはやや異なる特徴を持つゴールキーパーですが、どのようにして体のケアをすればいいのでしょうか? 今回はゴールキーパーに注目し、その体のケア方法を紹介したいと思います。

ゴールキーパーと怪我の関係

サッカーにおけるゴールキーパーは、他のポジションとは異なる特殊なポジションであると言えます。それは、手を使うことや、ゴールを守る最後の砦として時には体を投げ捨ててゴールを守ることもあるなど、足が中心のサッカーにおいてどのポジションよりも全身を使う機会が多いポジションだからです。
全身を使う機会が多くなると、当然、怪我の可能性も高くなります。相手選手に接触することも多く、それによって怪我をすることもあります。このような特徴を持つため、ゴールキーパーはフィールドプレーヤー以上に体のケアが重要になるポジションと言えるかもしれません。

ゴールキーパーが怪我をしやすい部位とは?

先ほども触れましたが、ゴールキーパーは全身を使うポジションであるため、大小さまざまな怪我をします。ゴールキーパーを始めたばかりの選手だと、ボールをキャッチする際にうまくできずに突き指をすることはよくあります。
2016年には名古屋グランパスのゴールキーパー・楢崎正剛選手がシュートを防いだ際の着地によって関節を亜脱臼していますし、古くは2002年の日韓W杯の決勝でドイツ代表のカーン選手が相手選手との接触により靭帯損傷の大怪我を負いながら試合に出続けたという話もあります。
このように、ゴールキーパーを始めたばかりの選手から世界トップクラスの選手まで、試合中はもちろんのこと、練習中においても怪我と隣り合わせだと言えます。

おすすめの記事