「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカーで怪我が多い箇所!太もものケア方法紹介

2017 1/30 12:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Capifrutta/ Shutterstock, Inc.

ご存知の通り、サッカーは足を使うスポーツです。そのため、足の怪我は付きものと言えます。 その中でも、太ももはよく怪我が起こる部位のひとつです。 太ももの怪我を避けるためにはどうすればいいのでしょうか?今回は太もものケア方法を紹介します。

サッカー選手と太もも

サッカー選手の体を見て目立つ場所のひとつが太ももではないでしょうか?みなさんもサッカーの試合などで選手を見ていて気になったことがあるのではないかと思います。
筋肉で盛り上がった太い足はサッカー選手の特徴のひとつです。シュートやパスといったキックをはじめ、ダッシュやストップ、方向転換などの瞬発力が必要な動きやジャンプなど、プレーの各所に足を使う場面があり、それらのプレーによって鍛えられるため、太ももが太くなるのです。
しかし、足を使う機会が多いからこそ、そこに起こる怪我も多くなります。特に太ももは、サッカー選手にとって怪我が多い部位です。

太ももに起こりやすい怪我

太ももに起こりやすい怪我を2つ紹介したいと思います。
1つは「肉離れ」です。肉離れは、筋肉が損傷した状態で、比較的軽症な筋肉が伸ばされた状態のものから、筋肉が断裂している重症のものまでさまざまです。肉離れは筋肉が強力に収縮して傷つくことによって発症します。
もう1つは「筋挫傷」です。現場では「ももかん」と呼ばれることもあります。こちらも肉離れと同様に、筋肉が損傷した状態ですが、主に相手選手との接触時に相手の膝が太ももにぶつかることで生じます。
どちらも太ももに起こりやすい怪我ですが、それを防ぐためにはどのようなことができるのでしょうか?

おすすめの記事